新しい風俗街

sexy girl

東北の風俗街を紹介した記事でも書きましたが、大阪には西日本を代表する風俗街が二つもあります。
「キタ」「ミナミ」とそれぞれに呼ばれています。前者はJR大阪駅の周辺エリアであり、後者は市内に入って地下鉄などで行ける難波エリアです。そのほかにも、十三や京橋といったエリアが昔ながらの風俗街としてにぎわっています。ヘルスやエステのお店が多く、老舗や名店と呼ばれるお店も少なくありません。
しかし、それらの「昔ながらの風俗街」ばかりが、大阪の風俗遊びの魅力を支えているのではありません。都市というものは時代とともに変化していきますが、その変化が如実にあらわれているエリアのなかに、「新しい風俗街」というべきエリアが登場しているのです。そのエリアでは、建ち並ぶヘルスやエステの店舗も新しいものとなっています。そのエリアとは、天王寺です。
2000年代に入ってから、天王寺のエリアは立て続けに大規模な工事が行われ、再開発の波に乗ることになりました。巨大な駅ビルが作られ、巨大なショッピングモールが作られました。休日ともなると大阪全土から人が集まり、さらには全国からの観光客なども、ショッピングモールで買い物をしたり駅ビルの展望階にのぼってキャーキャーいったりと、多くの人が訪れるようになったのです。そんな天王寺に、ヘルスやエステなどの風俗店が数多く開店しているのは、これは必然的なことであるといえるでしょう。特にエステ店などは、天王寺を訪れる人が仕事なり観光なりで疲れた体を休め、そのついでにヌケるということで人気を博しています。